CT写真

肺がんに限らずがんの治療と言うのは人を支えるもですが、その大きな支えとしては手術、放射線、抗がん剤がありますが、それだけではありません。
この他に緩和ケアや緩和療法などがあげられます、これを全て患者さんに執り行うことが肺がんの治療になります。
肺がん治療そのものに対する治療として主な病院では手術や放射線治療や抗がん剤などがありますが、肺がんの治療にはそれぞれの役割が微妙にちがいます。
手術や放射線療法は主に癌をねだやしにする、完全に治ることを目標に行うことに対して抗がん剤だけの治療と、あるいは分子標的療法などもありますが、そのようなものは、なかなか完治させることがむずかしいのですが、がん細胞を小さくして、そして日常生活を維持、改善することを目指している病院があります。
そこで緩和的療法が現在の取り組みでトレンドになってきています。
がん細胞そのもは攻撃しないにも関わらず、最近はこの緩和的療法を早期から始めることで長生きが出来るようになるというデーターも出てきています。

早期発見する

肺がんというのは特に男性に多い病気ですけど、女性も発症している人は多くいます。
常に日本では癌の中でも発症率が高くなっており、一人一人が肺がんの存在を知って、注意しなければいけないです。
そこで、この癌は早期発見する事によって、完治率も高くなっています。
昔と違って今では、治療技術もかなり向上しています。
ですので、早期発見する事ができれば、治って元の生活に戻れる可能性が高くなります。
逆に、発見が遅れて進行していたり、転移していたりしていると、今の医療技術でも治すのが難しくなってきます。
ですので、発症したらいかに早期に発見する事ができて、早期に治療するかが1つの生命線になってきています。
肺がんの原因としては、いくつかありますけど、特にタバコは要注意です。
タバコが原因で肺がんになっている人は沢山います。
タバコには、発癌性物質が多く含まれていますので、それが肺にたまって、次第に細胞を癌化させてしまう可能性があります。
ですので、日ごろからタバコを吸っている人は、定期的に病院にいって、エックス線撮影などをして、発症していないのかを検査していきます。
特に40歳を過ぎると、発症率も上がってきます。
40歳を過ぎたら年に1回は、肺がんの検査を病院で受けるようにしていきます。
定期検査をしていると、発症しても早期に発見できる可能性が高まってきます。
それが、早期治療につながりますので、結果的に完治率も上がってきます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930